空間設計は木造及び混構造の構造設計を主な業務としている木造構造計算事務所です。

 これまで数多くの建物の構造計算に関わらせていただき、常々思うことは、構造計算といえども、一軒一軒じっくり腰を据え、その建物としっかり「向きあう」ことで見えてくるものがあるということです。

 当然ながら構造計算をすれば様々な数字が出てきます。人間が数字を偽装したり、あるいは数字を様々に解釈することはありますが、本来数字自体は正直で嘘をつきません。常日頃その建物を使っているときや、地震時・暴風時にどこにどういう力が流れていくか、計算結果の数字を読み解いていくと、その建物の構造的な特徴、優れている点、弱点、構造的に重要な部分と重要でない部分、耐久性、設計者の価値観、求められる施工上のポイント、費用対効果、等々が見えてきます。これらを洞察、熟考してはじめて構造計画上の様々なアイデアが思い浮かび、いい構造計画ができたと思うことがあります。

 私たちは構造計算を通して、一軒一軒の建物と向きあっていきたいと思っています。

 木造(在来・ツーバイフォー)3階建て・2階建てや、RCとの混構造(ルート1)、鉄骨階段付き木造共同住宅を承っております。お声をお掛け下さい。

  木造、混構造の構造計算承ります

1/6